ダイエットするのはなかなか難しいことです。特に食べることが大好きな方ならなおさらだと思います。しかし!ダイエット医薬品であるゼニカルを服用すれば食事制限は必要ありません!ゼニカルは食べた脂肪分の30%をカットしてくれるので、ラーメンやパスタなどを食べても問題ないです。これからゼニカルについて説明するので参考にしてください。

ゼニカルの副作用!ビタミン不足になるのは何故?

ゼニカルの副作用としてビタミン不足がありますが、これは脂肪をブロックする作用があるためです。
脂溶性ビタミンの代表格と言えばビタミンA・D・E・Kがあり、水に溶けにくく油に溶けやすい性質があります。
ゼニカルは脂肪をブロックして便として排出させる作用があるため、これらのビタミンも一緒に排出されるわけです。
マルチビタミンサプリと併用される方が多いのにはこうした理由があります。
一方で水溶性ビタミンのビタミンCやB群に関してはほとんど影響を受けません。

マルチビタミンサプリには脂溶性・水溶性のビタミンがバランスよく含まれています。
ビタミン欠乏は肥満を促進するので、ゼニカル服用の有無を問わずに利用をおすすめします。
痩せるためには脂肪をブロックすることが大切ですが、脂肪の代謝をよくすることも重要です。
特にB群が欠乏すると代謝機能に関わるため、非常に太りやすくなります。

ゼニカルの服用をおすすめしたい人は、油っぽい食事を好んで食べる人です。
炭水化物よりも脂肪分の摂取が多くて肥満になった人に適しています。
脂肪はあらゆる栄養素の中で最も高カロリーなので、代謝が低下している人ほどゼニカルが効果的です。
初期の副作用には下痢があり、1ヶ月程度継続することもあるので注意してください。
オレンジ色の油が排出されることがあり、身体が慣れていくまで続きます。

食生活のバランスが崩れている人は、ゼニカルを服用することでビタミン欠乏症に陥る可能性があります。
慢性的に欠乏すると慢性疲労・肌荒れなどが生じることもあるので、体調が以前と変わったと感じたら注意してください。
微量栄養素は身体のオイルのような役割があるため、欠乏すると本来の健康体を維持できなくなります。
ゼニカルを服用して肌が乾燥しやすくなる人もいますが、これは脂肪が体内に吸収されずに排出するからです。
ただしブロックできる脂肪は30%程度なので、通常の食事をしている分には油分が過度に欠乏することはないでしょう。

ゼニカルと併用すべきサプリとは

ゼニカルを服用している間は副作用によって脂溶性のあるビタミンが便と一緒に体外に出てしまうため、サプリを使って栄養素を補うのがおすすめです。
きちんと栄養補給をしていれば病気になるのを防いだり、肌荒れや疲労などを防止してバランスよくきれいに痩せられます。

ゼニカルと一緒に使いたいおすすめのサプリはマルチビタミンです。
ビタミンA、C、E、K、Dなどさまざまな種類の栄養素がまとめて入っているので、別々に何種類もの薬を飲む必要がなくて簡単に使えます。
特にA群は不足しやすくて、足りなくなると肌や細胞のターンオーバーができず体が老化したり慢性疲労に悩まされたりするので、Aだけは単独で摂取するのも有効です。

マルチビタミンにはミネラルも一緒に入ったタイプもあるので、鉄分、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどを同時に補給することが可能です。
ミネラルもビタミンと同じくらい健康のために大切で、ダイエット中にもきちんと摂取することが望ましいとされています。
ゼニカルを服用している間は食事が偏りがちになったり、便の量が増えることによってミネラルも体外に出てしまう割合が増えるので有効なサプリを活用して補うようにしましょう。

水溶性の栄養素はゼニカルの副作用で直接影響を受けることはありませんが、下痢のような便が増えたり体内の水分調節がうまくいかないと必要以上に流れ出てしまうため、マルチビタミンを使って定期的に補給すると健康維持ができます。
ビタミンやミネラルは全ての種類をバランスよく摂取することが大切なので、1種類だけに特定しないで総合的なサプリを使うのが有効です。
10種類以上の栄養素が入っているマルチビタミンなら簡単に使えて便利です。